日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

大事なことを忘れちゃっても大丈夫。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

 

昨日は
日報コンサルティングの
クライアントとの面談日。

 

 

今、スタートして
約半年経ったところですが、

 

最初の面談で
目標としたことを
順調にクリアしています。

 

 

 

 

今のところ、
「モノを作って売る」ことで
売上を上げているんですが、

 

売って終わりの
ビジネスモデルでは
ちょっとモッタイナイ。

 

 

 

 

そこで、

 

「もっと別の形の収益も
作る必要がありますね」

 

という話から、

 

 

「その動きができるように
社長が自由に使える時間を
確保しましょう!」

 

 

 

と目標を設定した訳です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこからは、

 

 

社長が「作業」に費やす
時間を削るために
スタッフの管理の仕方を
改善してもらったり、

 

日報で日々の時間の使い方を
工夫してもらったりと

 

どんどん
自由に使える時間を
増やすことができたんですよ。

 

 

 

「グータラ経営者」を
自称している方ですが(笑)、

 

日報を書き始めてから
次々にスケジュール設定をしては
順調にクリアしていくので
見ていて気持ち良かったですね。

 

 

ところが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日の面談の際に

 

「だいぶ社長の時間が
空いてきたので、
そろそろ○○に取り組めますね!」

 

という話をしたところ、

 

 

 

ハッと驚いた顔をされて

 

「時間を確保する
仕組み作りに必死だったので、
確保する理由を忘れてました…」

 

と衝撃の発言が(笑)。

 

慌てて
今後の動きについての
すり合わせを行うことに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、コレはコレでいいんですよ。

 

 

なぜなら
日頃の行動や考え方が
間違った方向に進んだ際に、

 

軌道修正ができるように
僕というコンサルタントをつけて
日報も提出して頂いてるんですから。

 

 

 

「とにかく全力で走るから
ズレた時は教えて!」

 

という契約を
僕と結んでいる訳です(笑)。

 

 

 

 

 

 

ですから、

「これで大丈夫なのかな?」

という心配をすることなく、

全力で自分のやるべきことに
取り組むことができます。

 

 

 

 

まあ、今回は大事なことを
忘れてしまっていましたが(笑)、

 

日報から伺える
行動や考え方の方向性は
特に問題ありませんでした。

 

 

ですから、こっちも
ストップをかけることなく、

そのまま頑張ってもらおう
という判断ができたんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

逆に言うと、

それくらい全力で
目の前の業務に取り組まないと、

 

短期間で会社を変えるのが
難しいケースもあります。

 

 

以前から
何度か書いていますが、

 

「虫の目」「鳥の目」
ってやつですね。

 

 

近く(目先の仕事)に
注目する「虫の目」と、

 

全体を見渡す「鳥の目」は
どちらも絶対に必要で
使い分けをしなければなりません。

 

 

 

 

 

 

ですが、一人の人間が
この両方を持ち合わせるのは
なかなか難しいんですよ。

 

 

そこで、コンサルタントという
「鳥の目」を使うことで、

 

事業の正しい流れを
損ねることなく
目の前の仕事に
取り組める体制を作る。

 

 

非常に投資効率の良い
お金の使い方だと
言えると思いますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

月間・年間の
スケジュールを組み立てて、

日報で日々の管理を行えば
「鳥の目」の能力も身に付きますが、

 

ある程度の時間と労力は
かかってしまいます。

 

 

 

 

自分が「虫の目」しか
持ち合わせていないと感じた方は、

 

鳥の目を外部や
社内の管理職に求めるのも
一つの手段ですよ。

 

 

 

何でも自分一人で
やろうとするのは
やめましょうね!

 

 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日刊メルマガ【イチダイジ】

日報ステーション札幌代表の千田が、
日常の出来事から「ビジネスに関する『イチダイジ』
(放置できない重大な出来事)」のエッセンスを
見つけ出し、日々お届けしております。
お気軽にお読みくださいませ!

メールアドレス*

お問い合わせ

会社名 株式会社F.A.O
(日報ステーション札幌)
住所 〒001-0035
札幌市北区北35条西3丁目3−23
日宝ノール北35条105
TEL 011-214-0677
Mail info@nippo-sapporo.com

コメントを残す

日刊メルマガ
【イチダイジ】

メールアドレス*

日報コンサルタント

名前 千田 涼介
職業 日報で売上を倍増させる
日報コンサルタント
住まい 北海道
誕生日 1984年1月13日

Profile

1984年札幌生まれ。
「経営者が事業の成功の先に描く夢」を実現するために密着サポートをする道内唯一の日報コンサルタント。

道内最難関校である札幌南高等学校を卒業後、教師になることを志し、北海道教育大学札幌校へ進学。
小・中・高の教員免許を取得するものの、在学中にアルバイトとして行った塾の講師業に魅了され、卒業後は道内最大手の学習塾に就職。

最年少で科の主任に抜擢され、生徒からのアンケート評価では1,000人を超える講師の中から全国1位を獲得。
入会獲得の営業成績でも2位に倍以上の差をつけ所属支部の記録を作る。

管理職への転向後は独自の講師指導マニュアルを作成し、育成を担当した講師からも全国1位の獲得者を生み出した。
それをきっかけに、「人が成長していく喜び」に生きがいを感じ、経営コンサルタントとして独立。

その後は、大小500以上の企業支援に関わり、クライアントは「顧問契約から一年で、年商が3億円アップ」「顧問契約から三か月で、全国に230あるFCの中で新規契約数2位」「3年間横ばいだった売上が、顧問契約から5か月で最高月商を記録し、その後半年間記録を更新し続ける」などの目覚ましい成果をあげている。

また、助成金コンサルタントとしても、延べ500社以上の「法律に則った社内体制への整備」「申請のサポート」に携わり、中小零細企業をトータルで5億円超の受給に導いた圧倒的な実績を持つ。

月間月別

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

© 2018 日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss