日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

キッチンカーの恐怖と固定費。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

先日、
お祭りにキッチンカーを
出店してきました。

 

 

30℃を優に超える
灼熱の札幌で、

 

冷房も無い状態で
一日中、火を使っての調理。

 

 

死んじゃうよ(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

販売の様子を
動画にする予定でしたが、

 

暑すぎてゴープロが
動かなくなってしまい断念・・・

 

 

売上自体は
悪くなかったんですが、

 

タダ働きでした(笑)。

 

 

 

 

 

 

普段の仕事が
コンサルティングや研修・
講演・経営塾などが
メインとなっているため、

 

キッチンカーは
もちろん初挑戦。

 

 

 

やってみて思ったのは
非常にシンプルで

 

「仕入れにお金がかかる
ビジネスは儲かりにくいなぁ」

 

ということですね。

 

 

(楽しかったのは間違いない 笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キッチンカーはレンタルし、

 

調理器具やかき氷機なんかも
購入やレンタルが必要、

 

さらに、食材やドリンクの仕入れに
保管のためのクーラーボックスの準備、

 

 

発電機などは極力
知り合いから借りて
出費を抑えるようにしたものの

 

利益が出る売上のラインは
相当高かったな・・・。

 

 

 

 

特に食材は使い切らないと
ダメになってしまうが、

 

少なめに仕入れてしまうと
お客さんがたくさん来た際に
売るチャンスを逃してしまう。

 

 

 

クライアントに対して
アドバイスは何度もしてきた
事例ですが、

 

自分で実際に体感すると
仕入れムズッとなりますね(笑)。

 

 

(まあ、今回はデータが
ほとんどなかったのでやむなし)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし、飲食系を
自分でやるとしたら、

 

「スナック」が理想ですかね。

 

 

 

従業員がいなくても、

 

サービスとしては
お酒と乾き物を出すだけなので
ママ一人でも満席の店をまわせる。

 

(氷や焼酎出しといたら
お客さんが勝手に
お酒作ってくれますしね 笑)

 

 

 

 

そこまで広い箱は必要ないので
家賃も比較的安いですし、

 

無理に従業員を
使わなくてもいいので
人件費が抑えられますし、

 

酒と乾き物は
消費期限が長いので
仕入れがムダになりにくい。

 

 

 

しかも、メインはお酒なので
利益率が高いですよね。

 

 

 

仮にお客さんが
来なかったとしても、

 

従業員を待機させる
お金がかかる訳ではなく
食材が腐る訳でもなく・・・

 

 

という「固定経費」という
リスクができるだけ低い業態だと
安定性がグッと増します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、実際に
経営をするとなったら
こんなにカンタンではないですが、

 

 

考え方として

 

「たくさん人を使って
たくさん食材を仕入れて
たくさん商品を売るぞ!」

 

という発想だと

ハマれば爆発的に儲かるが
外すと一気に赤字が膨らむ・・・

 

 

という状況に陥るので、

 

 

 

「どうすれば固定費を
下げることができるのか?」

 

を考え続けることは
非常に重要。

 

 

 

 

 

 

 

 

人を使うなら
「雇用」より「外注」の方が
人件費は下がりますし、

 

働く場所なら
「オフィス」より「自宅」の方が
家賃が下がりますよね?

 

 

(当たり前ですが)

 

 

 

僕もずっと自宅の他に
事務所を構えて
雇用したスタッフと働いてましたが、

 

今は自宅兼事務所で
外注形態に切り替えて

 

WEBと週一回の
ファミレスミーティング(笑)で
何の問題もなく仕事ができています。

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、雇用をすることや
オフィスがあることによって
有利になるケースもあるので、

 

何でもかんでも
無くせばいいって訳じゃないですが、

 

 

「これは削れない経費だな」

 

と、思い込んでいる部分も
仕組みや工夫で案外無くせるもんです。

 

 

 

 

 

今はアウトソーシングのサービスも
以前より充実してますから、

 

「事務員」であれば
電話代行や入力代行を
組み合わせるですとか、

 

「営業」であれば
営業代行や広告を
組み合わせて同じ効果を
出すことができるケースもあります。

 

 

 

 

 

確固たる理念や
長期的なプランがあって
お金をかけているならいいんですが、

 

「何となく人は雇うもの」
「何となく事務所は構えるもの」

 

というフワッとした理由で
動いているんだとしたら、

 

 

仕組みの変化も含めた
固定費の見直しが
非常に効果的かもしれません・・・。

 

 

 

 

 

 

◆Youtubeチャンネル 
『イチダイジ on Youtube』 9/4更新!◆

 

【意味のないことに時間を使ってませんか?】
相関関係と因果関係を意識して、行動の効率化を図ろう!

 

 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日刊メルマガ【イチダイジ】

日報ステーション札幌代表の千田が、
日常の出来事から「ビジネスに関する『イチダイジ』
(放置できない重大な出来事)」のエッセンスを
見つけ出し、日々お届けしております。
お気軽にお読みくださいませ!

メールアドレス*

お問い合わせ

会社名 株式会社F.A.O
(日報ステーション札幌)
住所 〒001-0035
札幌市北区北35条西3丁目3−23
日宝ノール北35条105
TEL 011-214-0677
Mail info@nippo-sapporo.com

コメントを残す

日刊メルマガ
【イチダイジ】

メールアドレス*

日報コンサルタント

名前 千田 涼介
職業 日報で売上を倍増させる
日報コンサルタント
住まい 北海道
誕生日 1984年1月13日

Profile

1984年札幌生まれ。
「経営者が事業の成功の先に描く夢」を実現するために密着サポートをする道内唯一の日報コンサルタント。

道内最難関校である札幌南高等学校を卒業後、教師になることを志し、北海道教育大学札幌校へ進学。
小・中・高の教員免許を取得するものの、在学中にアルバイトとして行った塾の講師業に魅了され、卒業後は道内最大手の学習塾に就職。

最年少で科の主任に抜擢され、生徒からのアンケート評価では1,000人を超える講師の中から全国1位を獲得。
入会獲得の営業成績でも2位に倍以上の差をつけ所属支部の記録を作る。

管理職への転向後は独自の講師指導マニュアルを作成し、育成を担当した講師からも全国1位の獲得者を生み出した。
それをきっかけに、「人が成長していく喜び」に生きがいを感じ、経営コンサルタントとして独立。

その後は、大小500以上の企業支援に関わり、クライアントは「顧問契約から一年で、年商が3億円アップ」「顧問契約から三か月で、全国に230あるFCの中で新規契約数2位」「3年間横ばいだった売上が、顧問契約から5か月で最高月商を記録し、その後半年間記録を更新し続ける」などの目覚ましい成果をあげている。

また、助成金コンサルタントとしても、延べ500社以上の「法律に則った社内体制への整備」「申請のサポート」に携わり、中小零細企業をトータルで5億円超の受給に導いた圧倒的な実績を持つ。

2024年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

© 2018 日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss