日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

ベルセルクは最後まで読みたかった…。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

漫画家の
三浦建太郎さんが
亡くなりましたね…。

 

 

漫画ファンであれば
知らぬものはいないであろう
名作「ベルセルク」の作者。

 

 

 

 

映画化もされましたので、

 

広く知られている
作品なのではないかと。

 

 

 

 

 

 

 

 

ベルセルクは元々
漫画ファンの間では、

 

「完結するのか?」

 

と、よく話題にあがる
作品だったんですよ。

 

 

 

 

ネタバレをしないよう
ザックリとあらすじを言うと、

 

主人公ガッツが
魔物と戦う話なんですが、

 

 

(ザックリすぎ)

 

 

 

 

ガッツが一般人なのに対し
敵が強すぎるので、

 

勝てる未来が
全く見えてこない(笑)。

 

 

 

 

 

しかも、超がつくほど、

 

細かい部分まで
徹底的に絵を描き込む
スタイルの方だったので、

 

連載ペースが

かなり遅め。

 

 

 

連載開始が1989年で

最新の単行本は
40巻でしたからね…。

 

 

 

 

 

 

単純に
比較はできませんが、

 

「ワンピース」が
連載開始1997年で
最新は98巻なので、

 

なんとなくペースが
イメージできるかと。

 

 

 

 

 

ストーリーも
非常に壮大なので、

 

広がりきった風呂敷を
畳みきれるか常に
注目を浴びていた訳です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果的に、

 

三浦さんが
亡くなったことで
作品は未完となりました。

 

 

 

素晴らしい作品を
描いて頂いたことに対し、

 

最大限の敬意を
表したいというのが
大前提ではありますが、

 

 

 

「他にやり方は
無かったのかな?」

 

と、どうしても
思ってしまいます。

 

 

 

 

 

絵のクオリティを下げたり、

 

もっとアシスタントを
大量に雇用して
身体の負担を減らしたり

といったことをしてでも、

 

 

健康に長く
連載を続けてくれた方が

 

喜ぶファンは
多かったのではないかと。

 

 

 

 

 

 

もちろん、こんな
素人の考えは、

 

編集部の方などが
とっくに提案して
ボツになったんでしょう。

 

 

 

 

漫画家としての
プライドが、

 

それをカンタンには
許さなかったんでしょう。

 

 

 

 

 

 

それでも
一ファンとしては、

 

最後まで作品を
読みたかったというのも
本音ですよね。

 

 

 

 

三浦さんのスタイルを
否定するつもりは
一切ありませんが、

 

54歳は早すぎる…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何と言いますか、

 

勝手に
会社の存在意義を
考えさせられましたね。

 

 

 

 

 

会社が死ぬというのは
倒産すること。

 

 

 

倒産すると、

 

熱心なファンが
たくさんいたとしても、

 

 

もう商品やサービスを
届けることは
できない訳ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よくテレビで

 

創業から何十年も
価格据え置きの食堂を
やっている老夫婦が、

 

 

「お客さんに
喜んでもらいたい」

 

と語りつつ、

 

赤字で火だるまになっている
特集なんかを見ますが、

 

 

 

結局、店が潰れて
一番迷惑するのは
お客さんなんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

値上げをしても、

 

量が減ってもいいから
続けて欲しかった…」

 

と思う人が
たくさんいたとしたら、

 

 

そのお店のやり方は
果たして正しかったのかなと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、

 

個人の死と
会社の倒産の重さが
同じとは言いませんが、

 

 

何が大切なのかを
すごく考えさせられましたね。

 

 

 

 

 

不謹慎なことも
言いたくないので、

 

ここではこれ以上
掘り下げませんが、

 

 

 

「誰のために
仕事をしているのか?」

 

「何のために
仕事をしているのか?」

 

 

ということを
見直さないとならんかなと…。

 

 

 

 

 

三浦さんの
ご冥福をお祈りします。

 

 

 

 

 

 

————————————–

 

 

 

※トータル再生回数
65,000回を突破!!※

 

 

 

【利用者数全国最少の新幹線駅へ】

 

新幹線すごろく旅day1
「奥津軽いまべつ駅編」

 

交通手段を断たれ、まさかの野宿か・・・

 

 

 

是非、チャンネル登録をお願いします!!

 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日刊メルマガ【イチダイジ】

日報ステーション札幌代表の千田が、
日常の出来事から「ビジネスに関する『イチダイジ』
(放置できない重大な出来事)」のエッセンスを
見つけ出し、日々お届けしております。
お気軽にお読みくださいませ!

メールアドレス*

お問い合わせ

会社名 株式会社F.A.O
(日報ステーション札幌)
住所 〒001-0035
札幌市北区北35条西3丁目3−23
日宝ノール北35条105
TEL 011-214-0677
Mail info@nippo-sapporo.com

コメントを残す

日刊メルマガ
【イチダイジ】

メールアドレス*

日報コンサルタント

名前 千田 涼介
職業 日報で売上を倍増させる
日報コンサルタント
住まい 北海道
誕生日 1984年1月13日

Profile

1984年札幌生まれ。
「経営者が事業の成功の先に描く夢」を実現するために密着サポートをする道内唯一の日報コンサルタント。

道内最難関校である札幌南高等学校を卒業後、教師になることを志し、北海道教育大学札幌校へ進学。
小・中・高の教員免許を取得するものの、在学中にアルバイトとして行った塾の講師業に魅了され、卒業後は道内最大手の学習塾に就職。

最年少で科の主任に抜擢され、生徒からのアンケート評価では1,000人を超える講師の中から全国1位を獲得。
入会獲得の営業成績でも2位に倍以上の差をつけ所属支部の記録を作る。

管理職への転向後は独自の講師指導マニュアルを作成し、育成を担当した講師からも全国1位の獲得者を生み出した。
それをきっかけに、「人が成長していく喜び」に生きがいを感じ、経営コンサルタントとして独立。

その後は、大小500以上の企業支援に関わり、クライアントは「顧問契約から一年で、年商が3億円アップ」「顧問契約から三か月で、全国に230あるFCの中で新規契約数2位」「3年間横ばいだった売上が、顧問契約から5か月で最高月商を記録し、その後半年間記録を更新し続ける」などの目覚ましい成果をあげている。

また、助成金コンサルタントとしても、延べ500社以上の「法律に則った社内体制への整備」「申請のサポート」に携わり、中小零細企業をトータルで5億円超の受給に導いた圧倒的な実績を持つ。

2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

© 2018 日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss