日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

コンサルティングって誰でも受けられるの?

オススメ記事

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 
 
今日はお客様のご紹介で
個人事業で車の整備をしている方の
ご相談に伺いました。
 
 
 
 
起業して10年になるものの、
結局、手元にたいしたお金が残らず、
常に新規開拓に追われている不安な状況。
 
 
しかし、どうやって
打開すべきかがわからないという、
 
経営者なら共感する方が多いであろう
お悩みを伺いました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そのお話の途中で、
よく聞かれる質問が。
 
 
それが、
 
 

「経営コンサルティングって、
どんな会社が対象になりますか?」

 
という質問です。
 
 
 
確かに、自分の会社も
コンサルの対象になるのかって
よくわからないですよね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
では、僕の場合はどんな基準で
コンサルティングを受けるかどうかを
決めているのかと言うと、
 
 
 

①決裁者が社長のみ
②社長がコンサルに依存しない
③社長と気が合う

 
こういった基準で選んでいます。
 
 
「気が合う??」
と不思議に思った方も
居るかもしれません。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まず、①の「決裁者が社長のみ」とは、
 
せっかく社長がやる気になっても
配偶者や共同経営者が
それに水を差すような会社だと
話が全く前に進まないんです…。
 
 
 
時間のムダになるので、
 
その場合は決裁権を持つ方全員に
同席してもらってコンサルティングを
行うことが条件になります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
②の「社長がコンサルに依存しない」とは、
 
会社経営をどう進めていくのかを
全てコチラに委ねてくる方が
いるからなんですね。
 
 
 
全部、僕の言うとおりに
やってしまうのであれば、
それはもう僕の会社ですから(笑)。
 
コンサルタントの仕事は
あくまでも社長のサポート。
 
 
 
 
目的地まで走っていく社長に対して、
 
「この道を行くと早く着きますよ!」
「このカベはこうやって越えましょう!」
 
とナビゲートはしますが、
もちろん走るのは社長自身です。
 
 
 
 
 
「目的地までおぶってくれ」
 
という方の依頼は受けられません。
 
(意外と多いんですよ…)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
③の「社長と気が合う」とは、
 
経営コンサルティングって
毎月クライアントと面談をしながら
進めていきますからね。
 
 
つまり、長期に渡って
時間を共有する関係になるので、
嫌いな人やウマの合わない人を
コンサルティングしたくないんです。
 
 
 

 「あの社長には会いたくないなぁ…」

 
 
なんて僕が思ってしまうようだと
絶対うまくいかなくなるんですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

「いや、好き嫌いで決めるんかい!」

 
と思ったアナタ。

好き嫌いはすごく大事です。

好きな人。

この人のためなら本気で

サポートしてあげたいと思える人。

こういう方を相手にしないと、

自分の100%の力は発揮できません。
 
 
 
 
 
 
 
 
相手の事業に深く関わる僕の仕事は、
人として深く関わりたくない相手には
うまくいかないんですね。
 
だから、金銭面で良い条件を
提示されたとしてもダメ。
 
 
 
一緒に苦しんで、
一緒に喜べる社長さんと
二人三脚で頑張りたいんです。
 
 
突き詰めれば、
僕が依頼を受ける基準はコレだけ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
つまり、仕事を受けるかどうかに
業種や能力や資金や
赤字か黒字かなんて全く関係ありません。
 
 
「自分の足で走る覚悟があり」
「僕と気の合う方」
 
であれば、基本的にはOKなんです。
 
(僕の場合の基準ですよ)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ですから、
 
 

「コンサルタントを入れて
会社の成長速度を上げていきたい!」

 
という気持ちがあるのなら、
 
「ウチみたいな小さい会社でもいいのかな?」
「特殊な業種だけど大丈夫かな?」
 
なんて悩む必要はありません。
 
 
 
いつでも相談してくださいね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「もっと早くお願いすれば良かった…」
 
と、言わせてみせます!
 
 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日刊メルマガ【イチダイジ】

日報ステーション札幌代表の千田が、
日常の出来事から「ビジネスに関する『イチダイジ』
(放置できない重大な出来事)」のエッセンスを
見つけ出し、日々お届けしております。
お気軽にお読みくださいませ!

メールアドレス*

お問い合わせ

会社名 株式会社F.A.O
(日報ステーション札幌)
住所 〒001-0035
札幌市北区北35条西3丁目3−23
日宝ノール北35条105
TEL 011-214-0677
Mail info@nippo-sapporo.com

コメントを残す

日刊メルマガ
【イチダイジ】

メールアドレス*

日報コンサルタント

名前 千田 涼介
職業 日報で売上を倍増させる
日報コンサルタント
住まい 北海道
誕生日 1984年1月13日

Profile

1984年札幌生まれ。
「経営者が事業の成功の先に描く夢」を実現するために密着サポートをする道内唯一の日報コンサルタント。

道内最難関校である札幌南高等学校を卒業後、教師になることを志し、北海道教育大学札幌校へ進学。
小・中・高の教員免許を取得するものの、在学中にアルバイトとして行った塾の講師業に魅了され、卒業後は道内最大手の学習塾に就職。

最年少で科の主任に抜擢され、生徒からのアンケート評価では1,000人を超える講師の中から全国1位を獲得。
入会獲得の営業成績でも2位に倍以上の差をつけ所属支部の記録を作る。

管理職への転向後は独自の講師指導マニュアルを作成し、育成を担当した講師からも全国1位の獲得者を生み出した。
それをきっかけに、「人が成長していく喜び」に生きがいを感じ、経営コンサルタントとして独立。

その後は、大小500以上の企業支援に関わり、クライアントは「顧問契約から一年で、年商が3億円アップ」「顧問契約から三か月で、全国に230あるFCの中で新規契約数2位」「3年間横ばいだった売上が、顧問契約から5か月で最高月商を記録し、その後半年間記録を更新し続ける」などの目覚ましい成果をあげている。

また、助成金コンサルタントとしても、延べ500社以上の「法律に則った社内体制への整備」「申請のサポート」に携わり、中小零細企業をトータルで5億円超の受給に導いた圧倒的な実績を持つ。

月間月別

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

© 2018 日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss