日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

「見逃し三振」の何が悪いんじゃい。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

本日は
土曜ということで、

 

Huluで巨人戦の
中継を見ながら
仕事をしております。

 

 

 

今シーズン不調の丸選手が
今日はホームラン2本。

 

 

良いねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見逃し三振は消極的なのか?

 

 

 

 

この丸選手は、

 

僕が長年抱いていた疑問を
解決するような数字を
出してくれたことがあります。

 

 

 

その疑問とは

 

「見逃し三振がダメと
言われるのはなぜ?」

 

というもの。

 

 

 

 

小さい頃から
当たり前のように、

 

 

「見逃し三振は消極的」

 

「バットを振れば
何か起こるかもしれないが、
見逃しでは何も起こらない」

 

という理論のもと、

 

見逃し三振被告は
迫害を受けてきた訳ですよ。

 

 

 

 

 

 

ですが、僕はずっと
思っていたんですよね。

 

 

「見逃して、ボールになれば
フォアボールで出塁できるやん。
何も起こらなくないやん」と。

 

 

 

そもそも
見逃すかどうかを迷う
きわどいボールって、

 

打てる確率も
グッと下がります。

 

 

 

 

そこに
いちかばちかで
手を出してみるのと、

 

見逃して
ボールと判定されることに
賭けてみるのと、

 

どっちを選ぶべきか…。

 

 

 

そう考えると
自分の目に自信があるなら、

 

見逃した方が
良い結果になる
確率が高いのでは??

 

 

と、ずっと思っていたんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中
前述の丸選手は、

 

2018年に出塁率
「46.8%」という
とんでもない数字を記録。

 

 

これは
プロ野球の長い歴史でも
トップ10に入ります。

 

 

 

 

その要因となったのが
「130」という圧倒的な
フォアボールの多さで、

 

コレは歴代4位の数字。

 

 

 

1~3位は全て
王貞治さんですから(笑)、

 

現代野球では
ありえないくらいの数と
言っていいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

ところが、

 

これだけ高い確率で
塁に出られる丸選手は

なんと「三振」の数も
リーグでトップ。

 

 

きわどい球は
あえて「見逃す」という
選択をしていることが
よくわかりますし、

 

結果として
歴史に残るレベルの
出塁率を記録しました。

 

 

 

 

 

まあ、あえて
すごく単純化した
話にはしていますが、

 

「見逃し三振は悪」

 

と単純に言えないことが
わかる数字じゃないかなと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「正解」は日に日に変わる。

 

 

 

野球のルールが
全く分からない方は
ここから読んでください(笑)。

 

 

要は、

 

一般的には
当たり前のように
否定されていることが、

 

本当に間違っているとは
限らないんですよ。

 

 

 

 

 

 

例えば、営業と言えば、

 

「足で稼ぐ」のが
昔は常識とされていて
訪問販売が主流でしたが、

 

今はそんなことを
している会社は
ほとんど無いですよね?

 

 

 

 

 

健康法や
ダイエット法にしても
毎年新しい方法が出て、

 

今までの
常識が否定されている。

 

 

「当たり前を疑う」ことで
生まれるものがたくさん
あるんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

人と同じやり方を
選択すると、

 

安定して
それなりの成果は
出すことができても、

 

抜きん出た数字は出ない。

 

 

 

難しいもんです。

 

 

 

 

 

時流に乗っかるのか、

 

ズレたところを攻めて
時流がくるのを待ち受けるか…。

 

 

 

この選択肢の多さが
ビジネスの面白さかも。

 

 

 

 

 

コロナで変わった時流に
どう向き合うのか、

 

考えどころですね。

 

 

———————————-

 

【イチダイジ on Youtube NO.25】

 

同じ商材でも使い道を変えれば、
売れ行きが変わる!

 

 

◆チャンネル登録もお願いします!◆

 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日刊メルマガ【イチダイジ】

日報ステーション札幌代表の千田が、
日常の出来事から「ビジネスに関する『イチダイジ』
(放置できない重大な出来事)」のエッセンスを
見つけ出し、日々お届けしております。
お気軽にお読みくださいませ!

メールアドレス*

お問い合わせ

会社名 株式会社F.A.O
(日報ステーション札幌)
住所 〒001-0035
札幌市北区北35条西3丁目3−23
日宝ノール北35条105
TEL 011-214-0677
Mail info@nippo-sapporo.com

コメントを残す

日刊メルマガ
【イチダイジ】

メールアドレス*

日報コンサルタント

名前 千田 涼介
職業 日報で売上を倍増させる
日報コンサルタント
住まい 北海道
誕生日 1984年1月13日

Profile

1984年札幌生まれ。
「経営者が事業の成功の先に描く夢」を実現するために密着サポートをする道内唯一の日報コンサルタント。

道内最難関校である札幌南高等学校を卒業後、教師になることを志し、北海道教育大学札幌校へ進学。
小・中・高の教員免許を取得するものの、在学中にアルバイトとして行った塾の講師業に魅了され、卒業後は道内最大手の学習塾に就職。

最年少で科の主任に抜擢され、生徒からのアンケート評価では1,000人を超える講師の中から全国1位を獲得。
入会獲得の営業成績でも2位に倍以上の差をつけ所属支部の記録を作る。

管理職への転向後は独自の講師指導マニュアルを作成し、育成を担当した講師からも全国1位の獲得者を生み出した。
それをきっかけに、「人が成長していく喜び」に生きがいを感じ、経営コンサルタントとして独立。

その後は、大小500以上の企業支援に関わり、クライアントは「顧問契約から一年で、年商が3億円アップ」「顧問契約から三か月で、全国に230あるFCの中で新規契約数2位」「3年間横ばいだった売上が、顧問契約から5か月で最高月商を記録し、その後半年間記録を更新し続ける」などの目覚ましい成果をあげている。

また、助成金コンサルタントとしても、延べ500社以上の「法律に則った社内体制への整備」「申請のサポート」に携わり、中小零細企業をトータルで5億円超の受給に導いた圧倒的な実績を持つ。

2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

© 2018 日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss