日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

泣き叫ぶ子どもに何を思うか?

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

 

 

現在、羽田から
那覇に向かう飛行機で
このメルマガを書いてます。

 

 

 

通路を挟んで
隣の席では
子どもが泣き叫び、

 

ご両親が必死になって
なだめようとしてますね。

 

 

 

 

 

昔は塾の講師をしており
数千人の子どもに
指導をしてきた僕が

 

こんな時に
何を感じるかと言うと、

 

 

普通に「不快」です(笑)。

 

 

 

 

 

 

もちろん、

 

子どもも泣きたくて
泣いてるんじゃないでしょうし、

 

ご両親も大変でしょうから
睨みつけたり怒鳴ったり
なんてことはしないですよ。

 

 

 

 

ただ、僕は
ムダに声の大きい人や
うるさい人が嫌いなので、

 

悪意があろうが無かろうが
騒音の発信元に対しての
不快感はありますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういった好感度の
下がりそうな発言をすると(笑)、

 

「子ども嫌いなんですか?」

 

と、必ず聞かれますが、

 

 

 

子どもというだけで
嫌うなんて理不尽なことは
しませんし、

 

子どもというだけで
好きになるほど
甘くもありません。

 

 

 

 

「好きな子どもも、
嫌いな子どももいる」

 

というのが
ファイナルアンサー。

 

 

 

 

 

塾講師の頃も
自分のクラスの子どもが
騒ぎ立てるのは、

 

可愛くて
しょうがなかったですが、

 

 

隣のクラスの
知らない子どもたちが
騒ぐのは不快でした(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

接触回数を増やせ!

 

 

 

 

乱暴に言ってしまえば、

 

 

「知っている子どもは
可愛く感じるし、

 

知らない子どもに
そういった補正は
かからない」んですよ。

 

 

 

 

当然ながら、

 

コレは
大人相手でも一緒。

 

 

 

 

 

 

 

自分の知り合いが
講師のセミナーに
参加した時は、

 

そこまでの
関係性がなくても

 

「頑張ってー」

 

と応援の気持ちで
見ているのに、

 

 

 

全く知らない人が
講師のセミナーは

 

「お手並み拝見しましょか?」

 

と、斜に構えて
見てしまう(笑)。

 

 

 

 

程度に差はあれ、

 

これは僕だけでなく
誰しもが抱える
共通の心理です。

 

 

 

 

 

 

 

知らない人が
逮捕されても
何とも思いませんが、

 

会ったこともない
芸能人が逮捕されると
大きなショックを感じる。

 

 

 

「知る」ということは、

 

相手に対して

何らかの感情を
持つことであり、

 

多くの場合
それは「親しみ」なんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

マツコ・デラックスが

初めてメディアに
出てきた時には、

 

「なんだこの
毒舌の太ったオカマは…」

 

と、不快に感じた人も
多かったと思いますが、

 

 

今となっては
そんなことに違和感を
覚える人はいないでしょう?

 

 

 

 

接触回数が増えるごとに
相手に対する親しみは、

 

基本的には
増していくんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダラダラ長くなって
しまいましたが(笑)、

 

 

要は自分のことを
もっと知ってもらった方が
プラスは大きくなるので、

 

「情報発信は
ガンガンしましょう!」

 

ということです。

 

 

 

 

 

 

メルマガ、ブログ、
YouTubeなど、

 

地道に情報発信を
続けている人が
決まって口にするのは、

 

「意外と見てる人が
いるんですよね…」

 

という言葉。

 

 

 

 

 

 

先日行った
クライアントの整骨院でも、

 

「高齢の患者さんが
ブログを読んでくれていて
ビックリしました…」

 

と聞きましたが、

 

 

発信を続けていれば
こういったことは
当たり前に起こります。

 

 

 

 

 

メルマガの中身を
見られていなかったとしても、

 

 

件名が相手に表示されて

 

「千田さん、
今日も送ってきてるなー」

 

と思ってもらえたら
それだけでも意味があるんです。

 

 

 

 

 

めげずに
情報発信しようぜ!

 

もっと知ってもらおうぜ!

 

 

 

というのが、
本日のお話でした(笑)。

 

 

 

 

【オススメ動画】

 

自社のファンを増やす
情報発信のポイントはコレ!

 

 

 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日刊メルマガ【イチダイジ】

日報ステーション札幌代表の千田が、
日常の出来事から「ビジネスに関する『イチダイジ』
(放置できない重大な出来事)」のエッセンスを
見つけ出し、日々お届けしております。
お気軽にお読みくださいませ!

メールアドレス*

お問い合わせ

会社名 株式会社F.A.O
(日報ステーション札幌)
住所 〒001-0035
札幌市北区北35条西3丁目3−23
日宝ノール北35条105
TEL 011-214-0677
Mail info@nippo-sapporo.com

コメントを残す

日刊メルマガ
【イチダイジ】

メールアドレス*

日報コンサルタント

名前 千田 涼介
職業 日報で売上を倍増させる
日報コンサルタント
住まい 北海道
誕生日 1984年1月13日

Profile

1984年札幌生まれ。
「経営者が事業の成功の先に描く夢」を実現するために密着サポートをする道内唯一の日報コンサルタント。

道内最難関校である札幌南高等学校を卒業後、教師になることを志し、北海道教育大学札幌校へ進学。
小・中・高の教員免許を取得するものの、在学中にアルバイトとして行った塾の講師業に魅了され、卒業後は道内最大手の学習塾に就職。

最年少で科の主任に抜擢され、生徒からのアンケート評価では1,000人を超える講師の中から全国1位を獲得。
入会獲得の営業成績でも2位に倍以上の差をつけ所属支部の記録を作る。

管理職への転向後は独自の講師指導マニュアルを作成し、育成を担当した講師からも全国1位の獲得者を生み出した。
それをきっかけに、「人が成長していく喜び」に生きがいを感じ、経営コンサルタントとして独立。

その後は、大小500以上の企業支援に関わり、クライアントは「顧問契約から一年で、年商が3億円アップ」「顧問契約から三か月で、全国に230あるFCの中で新規契約数2位」「3年間横ばいだった売上が、顧問契約から5か月で最高月商を記録し、その後半年間記録を更新し続ける」などの目覚ましい成果をあげている。

また、助成金コンサルタントとしても、延べ500社以上の「法律に則った社内体制への整備」「申請のサポート」に携わり、中小零細企業をトータルで5億円超の受給に導いた圧倒的な実績を持つ。

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

© 2018 日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss