日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

CM好感度ランキングが全く理解できない。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

 

 

最近、特に感じますが、

 

テレビCMの内容が
あまりにもひどくありません?

 

 

 

 

何を言いたいのか
さっぱりわからない
程度の低いモノが、

 

携帯会社を中心に
多すぎると感じてたんですが、

 

2019年の
CM好感度ランキングを
見てビックリ。

 

 

 

 

 

 

1位がauの三太郎シリーズで、

 

3位がソフトバンクの
訳わからん犬のシリーズ。

 

 

ドコモは
10位に入ってました。

 

 

 

 

 

まあ、どれも
人気タレントを出しときゃ
何でもいいと言わんばかりの、

 

中味スカスカの
クソCMだなというのが
僕の印象です(笑)。

 

 

 

微塵も
購買意欲はそそられない。

 

 

 

 

ですが、結果的には

そのCMが好感度の
上位に入ってくるんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ターゲットにはマッチしている

 

 

 

 

CMの数多くは
電通のような広告代理店が
間に入ってるものですが、

 

 

以前に、元電通で
ブロガーのはあちゅうが、

 

 

”電通の先輩の

 

 

「CMは偏差値40の人にも
理解できないとダメ。

 

世間にはおそるべき数の
おそるべきバカがいて、

 

それが日本の普通の人だ」

 

 

という言葉が
一番役に立っている
教えの一つだ”

 

 

と書いて
大炎上したんですが(笑)、

 

実際、これは
すごく良いことを
言ってると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だって、電通に入れる時点で
かなりのエリートで、

 

その中でも広告制作に
携われるとなると
相当なクリエイティブ脳を
持ち合わせている人でしょう?

 

 

 

 

となると、

 

「今までに見たこともないような
すごいCMを作りたい…」

 

とか、考えて
しまいそうなところ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな
エリート達が作ったのが、

 

あのしょうもない
中味スカスカの
CMなんですよ(笑)。

 

(電通の担当か知りませんが)

 

 

 

 

携帯電話は、

 

国民全員が使うもので
別に賢い人向けの
商品ではありません。

 

 

 

つまり、国民の大多数に

受け入れられるような内容を
突き詰めた結果があのCM。

 

 

 

 

 

 

 

推測ですが、

 

 

あのCMを作った方は

 

「コレの何が面白いんだろう…」

 

と、疑問に感じてると
思うんですよね(笑)。

 

 

 

 

それでも
ターゲットに合わせた
広告を追求すると、

 

売り出し方が見えてくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

一部の
優れた感性を持つ人が、

 

自分にとって
満足のいくような
広告を出したとしても、

 

それって大衆には
刺さらないんでしょうね…。

 

 

 

 

 

ターゲットを明確にして、

 

自分の好みではなく
そこに刺さる内容を
広告として形にしていく。

 

 

 

この言葉にすると
当たり前のことが、

 

なかなか
デキないんだろうなと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は改めて
大衆を相手にする
ビジネスじゃなくて、

 

本当に良かったと
感じておりますが(笑)、

 

 

 

幅広い層を
ターゲットにしている方は、

 

ちゃんとそのメイン層に
刺さるような売り出し方を
できているか、

 

確認してほしいところ。

 

 

 

 

 

 

自分がどう売りたいかと、

 

お客様が何を見て
買いたいと感じるかは
イコールではありません。

 

 

 

 

顧客目線で考えるという
基本を忘れちゃいけませんね。

 

 

 

 

———————————–

 

【イチダイジ on Youtube NO.28】

 

経営で飯を食っていくなら
プロのコーチをつけよう!!

 

 

◆チャンネル登録もお願いします!◆

 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日刊メルマガ【イチダイジ】

日報ステーション札幌代表の千田が、
日常の出来事から「ビジネスに関する『イチダイジ』
(放置できない重大な出来事)」のエッセンスを
見つけ出し、日々お届けしております。
お気軽にお読みくださいませ!

メールアドレス*

お問い合わせ

会社名 株式会社F.A.O
(日報ステーション札幌)
住所 〒001-0035
札幌市北区北35条西3丁目3−23
日宝ノール北35条105
TEL 011-214-0677
Mail info@nippo-sapporo.com

コメントを残す

日刊メルマガ
【イチダイジ】

メールアドレス*

日報コンサルタント

名前 千田 涼介
職業 日報で売上を倍増させる
日報コンサルタント
住まい 北海道
誕生日 1984年1月13日

Profile

1984年札幌生まれ。
「経営者が事業の成功の先に描く夢」を実現するために密着サポートをする道内唯一の日報コンサルタント。

道内最難関校である札幌南高等学校を卒業後、教師になることを志し、北海道教育大学札幌校へ進学。
小・中・高の教員免許を取得するものの、在学中にアルバイトとして行った塾の講師業に魅了され、卒業後は道内最大手の学習塾に就職。

最年少で科の主任に抜擢され、生徒からのアンケート評価では1,000人を超える講師の中から全国1位を獲得。
入会獲得の営業成績でも2位に倍以上の差をつけ所属支部の記録を作る。

管理職への転向後は独自の講師指導マニュアルを作成し、育成を担当した講師からも全国1位の獲得者を生み出した。
それをきっかけに、「人が成長していく喜び」に生きがいを感じ、経営コンサルタントとして独立。

その後は、大小500以上の企業支援に関わり、クライアントは「顧問契約から一年で、年商が3億円アップ」「顧問契約から三か月で、全国に230あるFCの中で新規契約数2位」「3年間横ばいだった売上が、顧問契約から5か月で最高月商を記録し、その後半年間記録を更新し続ける」などの目覚ましい成果をあげている。

また、助成金コンサルタントとしても、延べ500社以上の「法律に則った社内体制への整備」「申請のサポート」に携わり、中小零細企業をトータルで5億円超の受給に導いた圧倒的な実績を持つ。

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

© 2018 日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss