日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

ニュースレターはチラシじゃない。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

 

 

昨日は、

 

90日間集中コンサルティングの
クライアントである
Mさんと個別面談。

 

 

来月から発行の
ニュースレターについて
主にお話をしました。

 

 

 

 

 

 

ニュースレターは
既存客との
コミュニケーションを
深めるのにとても有効。

 

 

Mさんの顧客は
年配の方が多いので、

 

ブログやSNSなど
ネットでの情報発信を
あまり見ない層への
アプローチとして最適です。

 

 

 

 

 

メルマガと違って
月に一回の発行でも
十分なので、

 

ぜひ、
取り入れて頂きたい
情報発信の一つと言えますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

僕自身も様々なお客様から
ニュースレターを
頂いておりますが、

 

「せっかく書くなら
こうすればいいのに…」

 

と感じることが
多々あるため、

 

ニュースレター作りの
カンタンなポイントを
お伝えしようかと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、
最も勘違いが多い
ポイントがあります。

 

それは、ニュースレターは
「チラシではない」ということ。

 

 

 

商材を買ってもらうために
発行するのではなく、

 

『コミュニケーションを取る』

 

ために発行するものです。

 

 

 

 

 

 

 

つまり、

「商売の匂いを消すこと」
が、基本中の基本。

 

 

ニュースレターに
営業に見えるような内容を
載せてはダメなんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、何を書くのかと言うと、

どうでもいいことを
書けばいいんですよ(笑)。

 

 

「子どもの入学式で
号泣してしまいました」

 

「寝坊したと思って
慌てて起きたら日曜でした」

 

そんなことでも
OKなんです。

 

むしろ人間性が伝わります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人は本能的に

「売り込まれること」

を拒絶しますからね。

 

 

「とにかく買って欲しい!」

 

という意図が丸見えだと
ロクに中身すら
読んでもらえません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですから、仕事とは
何の関係も無い内容を
あえて書くんです。

 

 

「私はニュースレターを
営業に使う気は無いですよ」

 

という意思表示を
ハッキリしておかないと
ダメなんですね。

 

 

 

 

 

 

どうしても皆さん
スケベ心が溢れ出して
広告を入れたくなりますが(笑)、

 

ココはグッと
こらえましょう。

 

 

 

 

商売っ気の無い連絡を
定期的にするからこそ、
信頼を勝ち得ることが
できるんです。

 

 

この信頼が、

 

長い目で見ると
質の高い仕事を
運んでくるんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも、どうしても
早めに仕事につなげたい方は、

 

「買ってください」

と言うのではなく、

 

 

「どうすれば買えますか?」

と相手に言わせるような
記事を書いてください。

 

 

 

 

 

 

 

例えば、美容師さんが
シャンプーを売りたいと
思った時に、

 

「うちのシャンプーは
こんな成分が入っていて、
こんな効果があって…」

 

という内容を書いてしまうと
コレは『売り込み』です。

 

 

チラシに書くべき。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし、
ニュースレターに書くなら、

 

 

「○○という成分が
含まれている
市販のシャンプーは、

 

頭皮に△△なダメージを
与えることがあるので
気をつけてくださいね」

 

といった、豆知識や
オトク情報のような形で
書いてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

この文章には
営業の匂いがありませんが、

 

読んだ人は
「結局、どのシャンプーがいいの?」
と疑問を持つことになるので、

 

ニュースレターの
発行者であるアナタに
質問をしてきます。

 

 

 

その時に、

 

「うちでオススメしている
シャンプーはコレですね」

 

と商品を
紹介すればいいんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「コチラから売る」のではなく、

 

『相手に欲しい』と言わせる。

 

 

 

この考え方を忘れなければ、

売り込みだと
解釈されにくくなります。

 

 

 

ただ、あくまでも
ニュースレターは
長期的な信頼の積み上げが
目的になりますので、

 

焦って目先の成果を
追わないように
注意してくださいね。

 

 

 

 

 

「売りたいモノが
ある時だけ近づいてくる人」だと

 

思われないように
気を付けましょう!

 

 

 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日刊メルマガ【イチダイジ】

日報ステーション札幌代表の千田が、
日常の出来事から「ビジネスに関する『イチダイジ』
(放置できない重大な出来事)」のエッセンスを
見つけ出し、日々お届けしております。
お気軽にお読みくださいませ!

メールアドレス*

お問い合わせ

会社名 株式会社F.A.O
(日報ステーション札幌)
住所 〒001-0035
札幌市北区北35条西3丁目3−23
日宝ノール北35条105
TEL 011-214-0677
Mail info@nippo-sapporo.com

コメントを残す

日刊メルマガ
【イチダイジ】

メールアドレス*

日報コンサルタント

名前 千田 涼介
職業 日報で売上を倍増させる
日報コンサルタント
住まい 北海道
誕生日 1984年1月13日

Profile

1984年札幌生まれ。
「経営者が事業の成功の先に描く夢」を実現するために密着サポートをする道内唯一の日報コンサルタント。

道内最難関校である札幌南高等学校を卒業後、教師になることを志し、北海道教育大学札幌校へ進学。
小・中・高の教員免許を取得するものの、在学中にアルバイトとして行った塾の講師業に魅了され、卒業後は道内最大手の学習塾に就職。

最年少で科の主任に抜擢され、生徒からのアンケート評価では1,000人を超える講師の中から全国1位を獲得。
入会獲得の営業成績でも2位に倍以上の差をつけ所属支部の記録を作る。

管理職への転向後は独自の講師指導マニュアルを作成し、育成を担当した講師からも全国1位の獲得者を生み出した。
それをきっかけに、「人が成長していく喜び」に生きがいを感じ、経営コンサルタントとして独立。

その後は、大小500以上の企業支援に関わり、クライアントは「顧問契約から一年で、年商が3億円アップ」「顧問契約から三か月で、全国に230あるFCの中で新規契約数2位」「3年間横ばいだった売上が、顧問契約から5か月で最高月商を記録し、その後半年間記録を更新し続ける」などの目覚ましい成果をあげている。

また、助成金コンサルタントとしても、延べ500社以上の「法律に則った社内体制への整備」「申請のサポート」に携わり、中小零細企業をトータルで5億円超の受給に導いた圧倒的な実績を持つ。

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

© 2018 日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss